初めて包茎手術を受けるなら評判の良いクリニックをチェックしよう

歴史と特徴

レビトラの特徴を確認しておこう

ED治療薬には様々な種類がありますが、1番有名なものはバイアグラです。バイアグラは世界初のED治療薬として誕生したのですが、その後開発されたED治療薬がレビトラです。レビトラはドイツの有名な製薬会社で開発され、バイアグラと異なりオレンジ色の見た目になっており、中には白い薬剤が含まれています。

日本で販売されてた当時の様子とは

レビトラが名古屋で発売されたのは今から10年以上も前で、厚生労働省が製造の許可が降りたことにより販売されるようになりました。当初は10グラムと50グラムのレビトラしか発売されていませんでしたが、翌年に名古屋で20グラムのバイアグラが販売されるようになったのです。

レビトラの由来について

レビトラはフランス語とラテン語の組み合わせで作られています。どんな意味なのかというと男性の生命という意味です。レビトラパッケージのマークはオレンジ色の炎が特徴的ですが、どのような意味なのかというとマッチで炎がすぐに着火できると同じような意味ですぐに効果が実感できるという意味があるのです。

レビトラの有効成分

レビトラの有効成分はバルデナフィルです。このバルデナフィルとは白と淡黄色の結晶になっているものを粉末にしたもので、水やエタノールに溶けやすい特徴があります。このような溶けやすい成分を含んでいるED治療薬はレビトラだけです。水分に溶けやすいということはそれだけ効果が早く実感できるということで、人気なのです。現在名古屋のクリニックではED治療薬としてレビトラやバイアグラが人気です。自分の症状に合わせ、どの薬が最適なのか名古屋のクリニックで医師に相談してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加